03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

離婚相談 弁護士 千代田区

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 離婚相談 弁護士 千代田区

離婚相談 または 弁護士 または 千代田区に関する基礎知識記事や事例

  • 労働問題(法人)労働問題(法人)

    労働関係紛争は、個々の労働者と使用者の間で生じた個別労働紛争と、労働組合等の労働者の集団と使用者との間で生じる集団的労使紛争に分類することができます。 集団的労使紛争については、近年、組合のな...

  • 婚姻費用分担請求婚姻費用分担請求

    「婚姻費用」とは、結婚生活を続けていくために必要な費用を指す言葉であり、主にご夫婦の生活費や子供に関する費用などがそれにあたります。 本来、ご夫婦は互いに生活を助け合う義務を負うものと定められて...

  • 解雇予告解雇予告

    ■解雇予告とは 労働基準法第20条は「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない」と規定しています。 すなわち会社が従業員を解雇解雇する際...

  • 成年後見成年後見

    判断能力が不十分である者が、遺産分割協議に参加したり、相続した預貯金や不動産などの財産を管理することは困難です。このような場合には、成年後見人をつけなければなりません。成年後見人の申し立てを家庭...

  • 作品の盗作(トレース・パクリ)作品の盗作(トレース・パクリ)

    デジタル技術が発達したことにより、表現のためのツールや発表の場が比較的増えました。それに伴い、イラストや映像、広告、デザインなどのクリエイティブ活動には、常に盗作(トレース、パクリ)がなされるリ...

  • 遺産分割協議書の作成遺産分割協議書の作成

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書の作成は義務ではありませんが、遺産分割の内容を証明する書類ですので、作成しておかなければ銀行等での手続きを行うことができません...

  • 相続の流れ相続の流れ

    人が亡くなると、故人が所有していた財産を相続人が相続します。相続は人の死によって開始します。人が亡くなると葬式や法要の手配などと同時進行で相続の手続きを進めていかなければなりません。 ◆死亡届...

  • 法定相続人の確認法定相続人の確認

    民法において、相続人となる人の順番とその範囲が規定されています。これを「法定相続人」といいます。 まず、被相続人の配偶者は、常に相続人となります。内縁の妻や夫は相続人にはなれません。 配偶者以外...

  • 知的財産権の侵害とは知的財産権の侵害とは

    そもそも、知的財産権といっても、多くの権利をカバーするものです。その中でも、クリエーターに関係するものとしては、著作権の侵害の問題です。「著作物」とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであっ...

  • 契約書作成契約書作成

    法人による取引をめぐっては、さまざまな問題が発生します。これを未然に防ぎ、また実際に紛争になったときにスムーズな解決を図るため、契約書の作成は重要な役割を果たします。 まず、契約の内容を明らか...

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 面会交流権

    面会交流権

    「面会交流権」とは、離婚後に親権者とならなかった親御さんにも、お子様に面会をする権利を認めるというもの...

  • 代襲相続

    代襲相続

    本来相続人となるべき人が、被相続人よりも先に亡くなってしまった場合は、亡くなった相続人に子がいれば、そ...

  • 財産分与

    財産分与

    「財産分与」とは、婚姻生活中にご夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配...

  • 債権回収

    債権回収

     債権の回収において、債務者が任意に弁済しない場合の対処法として、債務者の財産に強制執行をかけるという...

  • みなし残業

    みなし残業

    みなし残業とは、固定残業制とも呼ばれ、使用者が労働者との間で給与の額を定める際に、一定の残業時間を想定...

  • リストラ

    リストラ

    ■リストラとは リストラとは英語の Restructuringを略した言葉です。 Restructur...

  • 相続の流れ

    相続の流れ

    人が亡くなると、故人が所有していた財産を相続人が相続します。相続は人の死によって開始します。人が亡くな...

  • 審判離婚

    審判離婚

    「審判離婚」とは、調停離婚が不成立に終わってしまった際に、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させるとい...

  • 所属事務所・会社からのパワハラ被害

    所属事務所・会社からの...

    会社や所属事務所からパワハラ被害を受けた場合の対処方法を紹介していきます。そこで、そもそもパワハラには...

よく検索されるキーワード

ページトップへ