03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

不正競争防止法 営業秘密

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 不正競争防止法 営業秘密

不正競争防止法 営業秘密に関する基礎知識記事や事例

  • 不正競争防止法とは不正競争防止法とは

    「不正競争防止法」は、不正競争行為を列挙し、かかる行為に対する差止請求や損害賠償請求をすることができる旨を定め、不正競争を防止しようとする法律です。具体的には、企業が他の企業などの不正な競争に対...

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • みなし残業

    みなし残業

    みなし残業とは、固定残業制とも呼ばれ、使用者が労働者との間で給与の額を定める際に、一定の残業時間を想定...

  • 労働問題(法人)

    労働問題(法人)

    労働関係紛争は、個々の労働者と使用者の間で生じた個別労働紛争と、労働組合等の労働者の集団と使用者との間...

  • 顧問弁護士と契約するメリット

    顧問弁護士と契約するメリット

    まず、「顧問弁護士」に明確な定義は存在しません。しかし、一般的には、将来的に起きうる法的トラブルに備え...

  • ECサイト運用で必須!特定商取引法に基づく表記とは

    ECサイト運用で必須!...

    そもそも、「特定商品取引法」は、事業者による違法で悪質の勧誘行為等を防止することで、消費者を守ることを...

  • 労働審判

    労働審判

    労働関係における紛争は、大きく「企業と労働組合の間の集団的労使紛争」と「企業と個々の労働者間の個別労働...

  • 知的財産戦略

    知的財産戦略

    知的財産権には、特許権・商標権・実用新案権・意匠権等がありますが、法人としてこのような権利を取得してお...

  • 作品の盗作(トレース・パクリ)

    作品の盗作(トレース・...

    デジタル技術が発達したことにより、表現のためのツールや発表の場が比較的増えました。それに伴い、イラスト...

  • 労働基準監督署

    労働基準監督署

    労働基準法によって、労働者は保護され、使用者は一定の規制を受けますが、その規制の実効性を確保するために...

  • 残業代請求

    残業代請求

    ■残業代請求ができる場合 法定の労働時間以上労働したにもかかわらず、残業代が支払われてない場合には残業...

よく検索されるキーワード

ページトップへ