03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

遺言書

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 遺言書

遺言書

人が亡くなると相続が発生します(民法882条)。仲の良かった家族が、自分の残した財産で相続争いを繰り広げるのは避けたいことです。遺言は無用な争いを避けることができるというメリットがあります。遺言書には「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」の三種類があります。

■自筆証書遺言
自筆証書遺言は、自分で書いて作る遺言書です。自分で作成するため、遺言の内容をだれにも知られることがなく内容を秘密にしたまま作成できます。費用もほとんどかかりません。筆記具や用紙などに決まりはなく気軽に作成することができます。
一方で、正しい形式で作成しないと無効になってしまいますし、そもそも遺言書が発見されないということもあります。保管も自分でするため、偽造や変造、紛失などのリスクもあります。

■公正証書遺言
公正証書遺言は、信頼のおける二人以上の証人を選びます。そして公証役場で証人の立会いの下、公証人に口頭で内容を伝えて、公証人が遺言書を作成します。手間や費用がかかりますが、形式など遺言書の不備で無効となってしまうことはありません。また、原本は公証役場に保管されるので偽造や紛失などのおそれもありません。

■秘密証書遺言
秘密証書遺言は、遺言者が遺言を作成し、封印したものを証人二人以上の立会いの下、公証人に提出し、遺言の存在を証明してもらうことを目的として行われます。自筆証書遺言と同様に、内容を知られることはありません。
しかし、手間と費用がかかるうえ、形式の不備などで無効となってしまう可能性があります。

以上のように、普通方式遺言にはそれぞれメリットやデメリットがありますので、よく検討してどの方式で遺言書を作成するか決めると良いでしょう。

銀座パートナーズ法律事務所では、千代田区・港区・江東区・中央区などを中心として東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県などを対象に「遺言書」や「遺言書の作成方法」などの「遺言」に関するご相談を承っております。当事務所では無料相談も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 個人情報保護・セキュリティ

    個人情報保護・セキュリティ

    個人情報とは、「生存する個人に関する情報であって、特定の個人を識別できるもの」をいい、例えば、その情報...

  • 休日労働

    休日労働

     「休日」について、労働基準法は「使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも一回の休日を与えなければなら...

  • 審判離婚

    審判離婚

    「審判離婚」とは、調停離婚が不成立に終わってしまった際に、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させるとい...

  • 団体交渉

    団体交渉

    団体交渉とは、労働者の団体が、使用者又は使用者の団体と、「労働者の待遇」「労使関係上のルール」に関して...

  • 不当解雇

    不当解雇

    ■不当解雇とは 会社と雇用関係にある従業員は、 法律、就業規則、 労働協約などによって不当な解雇がされ...

  • 解雇予告

    解雇予告

    ■解雇予告とは 労働基準法第20条は「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日...

  • 景品表示法とは?

    景品表示法とは?

    HPを作成する上で注意しなければならないことのひとつは、HPの内容が「景品表示法に違反した内容となって...

  • 不正競争防止法とは

    不正競争防止法とは

    「不正競争防止法」は、不正競争行為を列挙し、かかる行為に対する差止請求や損害賠償請求をすることができる...

  • 遺産分割協議書の作成

    遺産分割協議書の作成

    遺産分割が合意に至ったら、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書の作成は義務ではありませんが、遺産...

よく検索されるキーワード

ページトップへ