03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

事業承継

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 法人に関する記事一覧 >
  3. 事業承継

事業承継

事業承継とは会社の経営を後継者に継がせることです。

事業承継には大きく3つのパターンがあります。
1つは親族に経営を継がせる親族承継。2つ目は従業員やあるいは会社外のものに会社を継ぐ第三者承継。会社を売ることによって会社を継ぐM&Aです。

どの形の事業承継でもデメリット・メリットがあるためどの形を選択するのかがまず重要になります。
そしてどの形のあってもトラブルが起きることは多いにあります。

ずっと後継者に息子など親族を考えていたが息子が難色を示したため後継者が見つからない。後継者として従業員を考えていたが従業員に株式を買い取れるほどの資金がない、または金融機関の個人保証が受けられない。第三者に承継すると相続を巡って家族が分裂する。など事業承継には事前の準備が非常に重要になってきます。

中小企業庁も事業承継には最低でも3〜5年の時間が必要であるとしています。
自分の会社にとってどういう事業承継であればいいのか、それにはどれくらいかかるのか、何が必要なのか。こういったことを早めに決定しないと、最悪の場合現経営者が会社の今後について決定しないまま病気になり誰も決められなくなり廃業となってしまいます。事業承継は早めの準備を心がけ、早い段階から専門家に相談するのが一番です。

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 労働審判

    労働審判

    労働関係における紛争は、大きく「企業と労働組合の間の集団的労使紛争」と「企業と個々の労働者間の個別労働...

  • 審判離婚

    審判離婚

    「審判離婚」とは、調停離婚が不成立に終わってしまった際に、家庭裁判所の審判によって離婚を成立させるとい...

  • クライアントと交わす契約書の作成

    クライアントと交わす契...

    クリエイターの方が企業との間で契約を締結する際に、そもそも契約書を作成する必要があるのか、作成するとし...

  • 未払い報酬の請求方法

    未払い報酬の請求方法

    業務委託契約を締結した場合の、未払い分の報酬を支払うよう請求するための方法として大きく2つの方法があり...

  • 契約書作成

    契約書作成

    法人による取引をめぐっては、さまざまな問題が発生します。これを未然に防ぎ、また実際に紛争になったときに...

  • 債権管理・債権回収

    債権管理・債権回収

     債権は持っているだけでは満足を得られるとは限らず、自ら期日を把握し債務の弁済を促すなど、債権を管理・...

  • 労働問題(法人)

    労働問題(法人)

    労働関係紛争は、個々の労働者と使用者の間で生じた個別労働紛争と、労働組合等の労働者の集団と使用者との間...

  • クリエイターが結ぶ契約の種類

    クリエイターが結ぶ契約の種類

    創作活動を行うという性質上、クリエイターには派遣、フリーランス、正社員など様々な労働形態があり、その労...

  • HPを作成する際の注意点

    HPを作成する際の注意点

    自社のHPを作成すれば、顧客からの認知度が高まり、また自社の製品やサービスの内容を詳細に紹介することが...

よく検索されるキーワード

ページトップへ