03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

法人に関する記事一覧

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 法人に関する記事一覧

法人

法人をめぐる法律問題には様々なものがありますが、それに伴って紛争が起こるのを未然に避けたり、法的手段をもって解決したりする必要があります。そのための方法をいくつかご説明いたします。

■契約書作成
法律上は全ての契約に契約書が必要というわけではありませんが、争訟等を想定して、契約の内容を明確にしたり、訴訟手続きにおいて十分に証拠としての働きをするようにしたりすることで、リスク回避につながります。

■事業承継
会社の事業を後継者に引き継ぐことをいいます。株式譲渡等の方法で親族内承継や親族外承継をしたり、M&Aで事業を売却するなどの方法があります。

■債権回収
売掛金の支払いを受けることができていない場合には、何らかの方法で、相手方に支払いを求める必要があります。その方法が債権回収です。内容証明郵便を送付したり、状況に応じて、支払い督促・少額訴訟等の法的手段をとることになります。

■知的財産戦略
例えば、特許取得・商標登録をすることで、他の法人が特許権・商標権を侵害してきた場合に、使用の差し止めや、損害賠償を請求することができます。

■個人情報保護・セキュリティ
個人情報の漏洩が法人に与えるダメージは甚大です。経営上の損失が生じるのはもちろん、刑事罰が科せられる可能性もあります。個人情報保護法上求められる安全管理措置を講じていかなければなりません。

■債権管理
法人間の取引においては、その場で金銭を支払うということは少なく、支払い時期を別に定めて取引を行うことがほとんどでしょう。支払いを受けるまでに期間が空くことから、売掛金の回収を確実にするために、回収までの流れを管理する必要があります。

■不動産取引
不動産取引は、取引価格が高額にならざるを得ないため、他の取引に比べて慎重を期する必要があります。具体的には、不動産に関する権利関係を示す役割を持つ、「登記」を確認することや、売り主・仲介業者等に不動産に関する説明義務を果たすよう求めるなどの方法があります。

銀座パートナーズ法律事務所では、中央区、千代田区、港区、江東区を中心に、南関東地域の法人、相続、離婚、労働(個人、法人)のご相談を承っております。
刑事事件を除く、法律相談全般を承っておりますので、お困りの際は、当事務所までお気軽にご相談ください。

法人に関する基礎知識や事例

  • 契約書作成契約書作成

    法人による取引をめぐっては、さまざまな問題が発生します。これを未然に防ぎ、また実際に紛争になったときにスムーズな解決を図るため、契約書の作成は重要な役割を果たします。 まず、契約の内容を明らか...

  • 事業承継事業承継

    事業承継とは会社の経営を後継者に継がせることです。 事業承継には大きく3つのパターンがあります。 1つは親族に経営を継がせる親族承継。2つ目は従業員やあるいは会社外のものに会社を継ぐ第三者承継...

  • 債権回収債権回収

     債権の回収において、債務者が任意に弁済しない場合の対処法として、債務者の財産に強制執行をかけるということが考えられますが、強制執行とは、債権者の有する給付請求権を国家権力により強制的に実現する...

  • 知的財産戦略知的財産戦略

    知的財産権には、特許権・商標権・実用新案権・意匠権等がありますが、法人としてこのような権利を取得しておくことには大きなメリットがあります。ここでは、商標と特許について概観していきます。 まず、...

  • 個人情報保護・セキュリティ個人情報保護・セキュリティ

    個人情報とは、「生存する個人に関する情報であって、特定の個人を識別できるもの」をいい、例えば、その情報に含まれる氏名、生年月日や、指紋等のデータ化された身体の特徴・マイナンバー等が含まれます(個...

  • 債権管理・債権回収債権管理・債権回収

     債権は持っているだけでは満足を得られるとは限らず、自ら期日を把握し債務の弁済を促すなど、債権を管理・回収することが満足を得るには安全であるといえるでしょう。そして、債務者が期日に債務を弁済すれ...

  • 不動産取引不動産取引

    ■不動産の購入 不動産の購入は人生において、そう何度も行うことではありません。大きな買い物をする前にはあらかじめどのような物件が良いか、予算はどれくらいにするかを大まかに決めておいたほうが良いで...

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 債権回収

    債権回収

     債権の回収において、債務者が任意に弁済しない場合の対処法として、債務者の財産に強制執行をかけるという...

  • 起訴外の交渉

    起訴外の交渉

    労働関係においては、使用者労働者間で利害対立や不満が生ずることはよくあることです。それが紛争に発展する...

  • パワハラ

    パワハラ

    ■パワハラとは 職場におけるパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関...

  • イラスト・写真・動画の無断転載

    イラスト・写真・動画の...

    イラストや写真、動画が著作権者に無断で転載されているような場合に、どのような法的措置を講ずることができ...

  • 遺留分

    遺留分

    遺言があれば、原則その遺言に従って遺産が分割されます。しかし、例えば「〇△さんに全財産を遺贈します」と...

  • 相続財産の調査

    相続財産の調査

    財産がどれくらいあるのかを明らかにしないと、遺産分割も相続税の計算も行うことができません。相続の発生か...

  • ECサイト運用で必須!特定商取引法に基づく表記とは

    ECサイト運用で必須!...

    そもそも、「特定商品取引法」は、事業者による違法で悪質の勧誘行為等を防止することで、消費者を守ることを...

  • HPを作成する際の注意点

    HPを作成する際の注意点

    自社のHPを作成すれば、顧客からの認知度が高まり、また自社の製品やサービスの内容を詳細に紹介することが...

  • クライアントと交わす契約書の作成

    クライアントと交わす契...

    クリエイターの方が企業との間で契約を締結する際に、そもそも契約書を作成する必要があるのか、作成するとし...

よく検索されるキーワード

ページトップへ