03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

労働問題(個人)

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 労働問題に関する記事一覧 >
  3. 労働問題(個人)

労働問題(個人)

■労働問題の種類
労働問題には、大きく分けて三つの問題があります。

一つ目は、リストラ、不当解雇などの労働者の解雇に関する問題があります。

不当な解雇がなされたと感じた場合には、会社に対して解雇理由証明書を請求することがまず考えられます。

また解雇予告なしに解雇がされた場合には、会社には解雇予告手当の支払い義務が生じている可能性があります。

解雇理由証明書の請求が拒否された場合や解雇予告手当なしに解雇が行われたと言ったような場合は労働基準法に違反している可能性がありますので、不当な不利益を被っている恐れがあります。

そのような場合には弁護士にご相談ください。


二つ目は、残業代未払い、給料未払いなどの労働者の賃金に関する問題です。

給料等が未払であると考えられるような場合にはタイムカードの履歴など労働時間を証明できる証拠を用意しておきましょう。

その後会社側との交渉や訴訟手続きなどによって未払賃金を取り戻すことができる可能性があります。


三つ目は、セクハラやパワハラなど職場環境に関する問題です。

セクハラやパワハラを受けていると感じた場合はその証拠を用意しておきましょう。
相手方の発言などを録音しておくことは証拠として有効です。

その後は会社との交渉や訴訟手続きによって慰謝料請求をすることができる可能性があります。


銀座パートナーズ法律事務所では、中央区、千代田区、港区、江東区を中心に「給料未払い請求・残業代未払い請求」や「懲戒解雇・不当解雇」、「セクハラ・パワハラ」、「退職トラブル」、「労働裁判」などさまざまな労務問題・労働問題のご相談を承っております。
東京都中央区、千代田区、港区、江東区を中心にさまざまな地域に初回相談無料で対応しておりますので、会社とのトラブルでお困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 景品表示法とは?

    景品表示法とは?

    HPを作成する上で注意しなければならないことのひとつは、HPの内容が「景品表示法に違反した内容となって...

  • 顧問弁護士と契約するメリット

    顧問弁護士と契約するメリット

    まず、「顧問弁護士」に明確な定義は存在しません。しかし、一般的には、将来的に起きうる法的トラブルに備え...

  • 不当解雇・契約解除のご相談

    不当解雇・契約解除のご相談

    そもそも、解雇とは、使用者側からの一方的な意思表示によって、契約を解除されることをいいます。企業やクラ...

  • 知的財産戦略

    知的財産戦略

    知的財産権には、特許権・商標権・実用新案権・意匠権等がありますが、法人としてこのような権利を取得してお...

  • 解雇予告

    解雇予告

    ■解雇予告とは 労働基準法第20条は「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日...

  • 不当解雇と正当解雇の違い|違法と判断されない解雇の条件とは

    不当解雇と正当解雇の違...

    従業員を解雇したところ、解雇した従業員から不当解雇として訴えると言われ、実際にトラブルに発展してしまっ...

  • 契約書のリーガルチェックの重要性

    契約書のリーガルチェッ...

    会社経営を行う上では、契約書は必要不可欠なものとなっています。 法人が使用する契約書の主な種類としては...

  • 成年後見

    成年後見

    判断能力が不十分である者が、遺産分割協議に参加したり、相続した預貯金や不動産などの財産を管理することは...

  • 契約書作成

    契約書作成

    法人による取引をめぐっては、さまざまな問題が発生します。これを未然に防ぎ、また実際に紛争になったときに...

よく検索されるキーワード

ページトップへ