03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

労働問題に関する記事一覧

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. 労働問題に関する記事一覧

労働問題

■労働問題の種類
・個人における労働問題には、大きく分けて三つの問題があります。

一つ目は、リストラ、不当解雇などの労働者の解雇に関する問題があります。

二つ目は、残業代未払い、給料未払いなどの労働者の賃金に関する問題です。

三つ目は、セクハラやパワハラなどの職場環境に関する問題です。

その他に不当な人事異動であったり 、労災の認定に関する問題や不当な残業の強制などの問題もあります。

・ 会社における労働問題としては、ユニオン(合同労働組合)からの賃金交渉や争議行為などが挙げられます。

その他に被用者側に極めて有利な労働協約の締結を迫られるなどの問題もあります。



銀座パートナーズ法律事務所では、中央区、千代田区、港区、江東区を中心に「給料未払い請求・残業代未払い請求」や「懲戒解雇・不当解雇」、「セクハラ・パワハラ」、「退職トラブル」、「労働裁判」などさまざまな労務問題・労働問題のご相談を承っております。
東京都中央区、千代田区、港区、江東区を中心にさまざまな地域に初回相談無料で対応しておりますので、会社とのトラブルでお困りの際にはお気軽に当事務所までご相談ください。

労働問題に関する基礎知識や事例

  • 労働問題(個人)労働問題(個人)

    ■労働問題の種類 労働問題には、大きく分けて三つの問題があります。 一つ目は、リストラ、不当解雇などの労働者の解雇に関する問題があります。 不当な解雇がなされたと感じた場合には、会社に対して...

  • 労働問題の解決方法労働問題の解決方法

    ■労働問題の種類 労働問題には、大きく分けて三つの問題があります。 一つ目は、リストラ、不当解雇などの労働者の解雇に関する問題があります。 二つ目は、残業代未払い、給料日払いなどの労働者の賃...

  • 残業代請求残業代請求

    ■残業代請求ができる場合 法定の労働時間以上労働したにもかかわらず、残業代が支払われてない場合には残業代請求ができる可能性が高いです。 例えば1日に8時間以上就業した場合や一週間に40時間以上...

  • 不当解雇不当解雇

    ■不当解雇とは 会社と雇用関係にある従業員は、 法律、就業規則、 労働協約などによって不当な解雇がされないように手厚く保護されています。 それにもかかわらず、企業側が被用者を 法律、就業規則、 ...

  • 解雇予告解雇予告

    ■解雇予告とは 労働基準法第20条は「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日前にその予告をしなければならない」と規定しています。 すなわち会社が従業員を解雇解雇する際...

  • リストラリストラ

    ■リストラとは リストラとは英語の Restructuringを略した言葉です。 Restructuringには再構築という意味があり、会社組織を再構築するという意味から転じて、日本では組織を縮...

  • パワハラパワハラ

    ■パワハラとは 職場におけるパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場...

  • セクハラセクハラ

    ■セクハラとは 厚生労働省の指針によれば職場におけるセクハラには二種類があります。 ・対価型セクシュアル・ハラスメント 職務上の地位を利用して性的な関係を強要し、 それを拒否した人に対し減給...

  • 休日労働休日労働

     「休日」について、労働基準法は「使用者は、労働者に対して、毎週少なくとも一回の休日を与えなければならない」と定めています(労基法35条1項)。これが、週休制の原則です。一方で、例外として、使用...

  • サービス残業サービス残業

    サービス残業とは、残業手当が支払われない残業のことをいいます。その作業時間が労基法上の労働時間である、「労働者が使用者の指揮命令下に置かれている時間」にあたれば、残業代を請求できる可能性がありま...

  • みなし残業みなし残業

    みなし残業とは、固定残業制とも呼ばれ、使用者が労働者との間で給与の額を定める際に、一定の残業時間を想定して①その時間に対応した割増賃金を基本給等に含ませて、定額の総賃金を支払ったり、②定額の残業...

  • 労働問題(法人)労働問題(法人)

    労働関係紛争は、個々の労働者と使用者の間で生じた個別労働紛争と、労働組合等の労働者の集団と使用者との間で生じる集団的労使紛争に分類することができます。 集団的労使紛争については、近年、組合のな...

  • 労働審判労働審判

    労働関係における紛争は、大きく「企業と労働組合の間の集団的労使紛争」と「企業と個々の労働者間の個別労働紛争」に分けられます。そのうち、後者を対象とし、さらに権利義務に関する紛争に限定して審判の手...

  • 団体交渉団体交渉

    団体交渉とは、労働者の団体が、使用者又は使用者の団体と、「労働者の待遇」「労使関係上のルール」に関して、合意を達成することを主な目的として交渉を行うことです。 団体交渉の対象となる事項は、企業...

  • 起訴外の交渉起訴外の交渉

    労働関係においては、使用者労働者間で利害対立や不満が生ずることはよくあることです。それが紛争に発展する前に未然に予防する体制を確立したり、仮に紛争になったとしても当事者間で解決することができる体...

  • 労働基準監督署労働基準監督署

    労働基準法によって、労働者は保護され、使用者は一定の規制を受けますが、その規制の実効性を確保するために、監督機関が必要になります。その機関として、各都道府県管内に置かれているのが労働基準監督署で...

  • 労働災害労働災害

    労働者が労務に従事したことによって、死亡、負傷、疾病等を被った場合(労働災害)には、大きく分けて主に二つの制度によって、労働者は補償を受けることができます。 まず、労働者が業務を行っている際に...

  • 未払い退職金の請求未払い退職金の請求

    ■退職金に支払い義務はあるのか? まず、前提として未払い退職金を受け取るためには、退職した会社に退職金の支払い義務があることが必要となります。 そして、退職金を請求できるか否かは、退職金に賃金...

  • 不当解雇と正当解雇の違い|違法と判断されない解雇の条件とは不当解雇と正当解雇の違い|違法と判断されない解雇の条件とは

    従業員を解雇したところ、解雇した従業員から不当解雇として訴えると言われ、実際にトラブルに発展してしまったという事例が多くなっています。 会社経営者としては、労働に関係する法律などについてある程...

銀座パートナーズ法律事務所が提供する基礎知識

  • 不当解雇

    不当解雇

    ■不当解雇とは 会社と雇用関係にある従業員は、 法律、就業規則、 労働協約などによって不当な解雇がされ...

  • 契約書のリーガルチェックの重要性

    契約書のリーガルチェッ...

    会社経営を行う上では、契約書は必要不可欠なものとなっています。 法人が使用する契約書の主な種類としては...

  • パワハラ

    パワハラ

    ■パワハラとは 職場におけるパワーハラスメントとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関...

  • リストラ

    リストラ

    ■リストラとは リストラとは英語の Restructuringを略した言葉です。 Restructur...

  • 労働災害

    労働災害

    労働者が労務に従事したことによって、死亡、負傷、疾病等を被った場合(労働災害)には、大きく分けて主に二...

  • 解雇予告

    解雇予告

    ■解雇予告とは 労働基準法第20条は「使用者は、労働者を解雇しようとする場合においては、少くとも三十日...

  • 調停離婚

    調停離婚

    協議離婚が成立しなかった場合、次に臨むことになるのが「調停離婚」です。 これは、当事者の申し立てによっ...

  • 労働問題の解決方法

    労働問題の解決方法

    ■労働問題の種類 労働問題には、大きく分けて三つの問題があります。 一つ目は、リストラ、不当解雇など...

  • 起訴外の交渉

    起訴外の交渉

    労働関係においては、使用者労働者間で利害対立や不満が生ずることはよくあることです。それが紛争に発展する...

よく検索されるキーワード

ページトップへ