03-5776-3759 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
まずは無料相談から
営業時間
9:00~18:00

作品の盗作(トレース・パクリ)

  1. 銀座パートナーズ法律事務所 >
  2. クリエイターの問題に関する記事一覧 >
  3. 作品の盗作(トレース・パクリ)

作品の盗作(トレース・パクリ)

デジタル技術が発達したことにより、表現のためのツールや発表の場が比較的増えました。それに伴い、イラストや映像、広告、デザインなどのクリエイティブ活動には、常に盗作(トレース、パクリ)がなされるリスクがあり、自己の著作権等が侵害されていないか注意を払う必要があります。
逆に、他の作品に触発されて一部を模倣した結果、盗用やパクリと判断されて他人の著作権等を侵害してしまうケースも少なくありません。無断で利用してもよい作品なのか、どこまでの模倣が許されるのか、どのような方法で表現を行えば盗作などにならないのか等、十分に意識して創作活動を行う必要があります。

このようにクリエイティブ活動には著作権の問題が常につきまといます。近年は特に、クリエイティブ活動は莫大な利益をもたらす反面、著作権等の権利関係は厳しく判断されます。自己の著作権等が侵害されたとき、あるいは他人の著作権等を侵害していないかの判断が難しいときは、知的財産権に詳しい弁護士に相談するようにしましょう。

銀座パートナーズ法律事務所は、クリエイターの創作活動を法的側面からサポートします。クリエイターが抱く、知的財産をめぐる様々なお悩みについて真摯に対応していきますので、お困りの際は当職までご相談下さい。

ページトップへ